雑記

東北への出張、そして民藝というものについて

毎度細々と書いておりますブログですが告知ばかりで恐縮です。そんなことで告知とは無縁の先日の出張について。

久しぶりに東北の地に行ってきました。我々業者同士の交換会の大会が年二回、春と秋に開催されるので岩手まで足を伸ばしてきました。相変わらずにぎやかに開催されてはいるのですが、なかなかに好みのものは少なくほんの数点買っただけで今回は終わってしまいました。

東北という大地が産み出す雄勁で武骨ながら力強い数々のモノたち。その魅力に取りつかれたように幾度となく通ってはや十数年経ちますが、彼の地でもなかなかモノが出てこないという嘆きは当初の頃から聞いています。

それは再生産が効かないモノの宿命でもあるわけですが、それよりもこれら簡単な括りで云われる民藝というものについての啓蒙活動のようなものを熱心にやってこなかった我々にも大いに責任があるのかもしれません。曰く売れないから熱心に探さない、こんなことが原因になってしまっているのもまた考えなけりゃいけないことかもですね。

それでも東北の地は愉しいものがたくさん出た時代の残り香のようなものがあるので、やはり春と秋には通うのですがね。

さて人のことはともかく具体的にお前はどうするんだ?と問われたときに、滔々と語ることの出来る哲学があるわけではありませんが、声を大にして云いたいことは、好きなものを紹介し続けるのみである、という事でしょうか。

この業界、品物よりも自分を買って貰えと昔から盛んに云われます。確かにそれは大いに云えるのでしょうが、現代に於いて良くも悪くも豊饒な顧客と売り手側の関係は無くなってきているように思います。それがいいことか悪いことかはともかく、そういう時代に変化しているのでしょう。

また情報を得る手段としては紙媒体よりもネットで得ていくことが多くなってしまっています。そこには自分の知らない世界へのアクセスはなかなか少ないもの、必要な情報にしか目を向けないとなれば、こういった地味なものが注目されることはなかなか難しい時代になってきています。

そんな状況下で自分の好きなモノたちを新しい人たちに知ってもらい、興味を持ってもらうにはどうすればいいのか?もっともその答えは簡単には出せないものでしょうが・・。

少なくともひとつひとつ出来ることからやっていくとしたら、日々の発信をより多くの媒体を駆使して紹介し続けるしかありません。場合によってはまったく違い環境でのアプローチが必要なのかもしれませんね。

そんな風に日々悶々として考えてはいますが、アリの一歩、なかなか難しいことが多いですが、それでも自分の好きなモノを紹介すること、探すことは何より面白いこと、一生やめられそうにありません。このお仕事は・・。

旅行]2018年5月24日

6月 青花の会 骨董祭 2018に出店いたします。

暖かいを通り越して汗ばむような暑さが急にきたここんところ、皆さまご健勝にて日々を過ごされておられると思います。私は最近、急に暑いせいで忙しい草むしりと、アブラムシの発生予防の対策に忙しい日々であります。

バジルやパセリを植えたり、伸び始めたレモンの木に付いたアゲハチョウの幼虫をポイしたりといろいろとやることが多い!仕事もしてますが陽気のいいこの季節はなにかと忙しいものですね。

さて告知ばかりで恐縮ですが、またしても催事出店のお知らせです。来る6月8日~10日 神楽坂の各店舗に於いて開催される新潮社主催「青花の会 骨董祭 2018」に昨年に引き続き出店させて頂きます。弊店は昨年と同様、セッションハウスガーデンにおります。昨年はいい天候に恵まれて本当に気持ちのいい催事になりました。

各店かなり気合の入った愉しいモノ達を集めてくると思いますので、どうぞご期待ください。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

なお催事の詳細はこちらをご覧ください。→http://www.kogei-seika.jp/seikafes/2018.html
12

ニュース]2018年4月28日

目白コレクションに出店致します。

この前に寒中お見舞いなんて書いてそのままサボっていたら、もう桜が散ってしまったというていたらく。何とも月日の経つのは早いもので4月になってしまいました。この時間の経過の速さは齢を重ねるごとに早くなるもので、ホント驚くばかりです。そんなわけで告知に終始するような印象ですがご勘弁を。

来る4月14日~15日、JR目白駅のすぐそば、目白デサントビルの地下、椿ホールで開催される「目白コレクション 2018春」に出店させて頂きます。まだまだ数回しか出たことがない駆け出しでですが、ご来場くださるお客様の熱気には圧倒されんばかりです。本当にお好きなお客様が多くいらっしゃることに我々はただただ感謝の一言です。

中国美術ばかりに脚光が当たっているこの業界ですが、目白コレクションに出ておられる方々は皆さん好きなものを商うというスタンス、ですから流行でもないものながら愉しい品、珍しい品を独自の眼で集めてこられる、したがってそのスタンスに共鳴されるお客様が多いのかもしれませんね。

私も特にテーマを決めてはいませんが、使って愉しい、座辺に置いて飾りたい、そんなモノたちをご紹介しようと思っております。随時インスタグラムにてアップしておりますのでご覧になってください。
インスタグラムのアカウントはkodou1963です。

また目白コレクションの公式ページはこちらからどうぞ→http://www.mejirocollection.com/

日々のつれづれを書きこむこのページも告知ばかりになっては恐縮ですが、もっといい名文が書ければいんですがね。出来たら単行本化できるくらい・・。そりゃ無理だ・・・・2018t_–Ú”’ƒRƒŒƒNƒVƒ‡ƒ“@DMƒnƒKƒL-ŽÊ^–Ê_ol

展覧会]2018年4月8日

前のページ

次のページ