雑記

横尾忠則 HANGA JUNGLE

世の中はゴールデンウィークということで、あちこちの行楽地には人、ひと、ヒトが溢れ返っておりましたね。混雑する人混みがあんまり得意ではない私としては、この時期はいつも家に引きこもっております。地方に出かけても道路の渋滞にはまりこんでしまうのはちとツライ。しかし今日はそれも終わって月曜日、休み明けに調子が戻らず物憂い人たちも多いことでしょうが、穏やかなで気持ちのいい晴天ではあります。

先日は国分寺からもわりと近い町田にあります、市立国際版画美術館へと行ってまいりました。ゴールデンウィーク中とはいえ郊外の美術館ですから、それほどの混雑もなく静かに鑑賞することのできる気持ちのいいスペースです。公園が隣接していて、そちらの散策もなかなかいい場所です。
IMG_3424IMG_3425

横尾忠則さんは今も旺盛な製作を行っておられる方でしょうが、その横尾さんの版画に焦点を当てた大回顧展になります。ご本人曰く「もうやらない」ということらしいですが、なるほどそれくらいヴォリュームのある量の版画がジャングルを思い思いに埋め尽くす樹々のようにどっさりと展示されておりました。

私の横尾さんのイメージは状況劇場のポスターや、TBSテレビの番組「寺内貫太郎一家」や「ムー一族」などのタイトルバックが最初でありました。けばけばしくキツイ色使いの、いやでも擦り込まれてしまうような強烈なイメージのものでしたね。特に私は小学校高学年の時に観ていたテラカンの不思議な演出から醸されるミョウな空気と、番組冒頭のくっきりと描かれた皺がやたら目立つリアルな似顔絵とそこにカブるポップアート的ドギツイカラーのとりこになり、欠かさず観ていたものでした。横尾さんも謎の居酒屋常連客の役で出演されておられました。

それらは版画のお仕事とは違うもののようなので、シワシワグロテスクのきんばあちゃん(悠木千帆、現樹々希林さん)の顔は観られなかったのですが、その時々のご自分のブームがあるようで、滝やら南国やら過去の名画のコラージュ的作品やら、そしてエロティックなモチーフを使用したものまで様々に変化していく作家の変遷がわかるような構成でまさにこれもジャングルなのです。
IMG_3426IMG_3427IMG_3429IMG_3432IMG_3435

あまりに有名なポスターはここでは載せていませんが(昔から親しんでいたので当たり前になってしまい撮り忘れたのがほんと)、なにしろ私的流用に限っては撮影が許可されているのでこうして画像を掲載しながら書けるのはわかりやすくていいですね。もしかするとこうした画像の流用がブログの文章やSNSによっての拡散していくことがまた大いなる作品のインスタレーションの一部なのかもしれませんな。それこそ版画が同じものをたくさん刷っていく複製美術であれば、無限に広がっていくインターネット版画の世界はとてつもなく面白い現象ではあります。自分でわざわざ刷らなくとも勝手に増殖をしていく植物のよう!、あっこれが我が物顔に増えていく樹々の住み家、ジャングルなのでありますね。

6月の18日まで開催されているのでご興味ある方はぜひ。詳細は→http://hanga-museum.jp/exhibition/schedule/2017-333

たっぷりと堪能したあとはジャングルならぬ海からの贈り物、ゲソ揚げでチューハイを一杯であります。
IMG_3438

展覧会]2017年5月8日

人間万事塞翁が馬

暖かい春の陽ざしがとても気持ちのいい季節ですね。若葉が萌え上がる季節は、陽が伸びたこともありどこかへ出かけたくなりますな。我々の業界も春にはイベントや交換会も大会というある種お祭り的なオークションがあり、様々に賑わっております。

さて先日の目白コレクションの催事が終わってホッとして気が抜けている私ですが、この商売なにしろ仕入れが命でありますから、売れたとしてもあまりのんびりはしていられません。次の催事の為にも一生懸命また走り回って愉しいものを探さなければいけないリアル自転車操業であります。面白いものが見つかれば黙っていてもお客様の方から欲しいとおっしゃって頂けるありがたいお仕事ですから、なおさら愉しいものを探さなきゃいけない。もちろんそれがまた愉しくもあるわけですが、当然波があります。

見つからない、買えないという状態が続くかと思いきゃ、お金のやりくりが大変なくらい続けて買えることがあったりします。私も諸先輩に比べてはまだまだ駆け出しではありますが、それでも約20年この商売をやってきました。いいときもあれば、最低最悪の状態が続くこともありました。この波の底辺の時にふてくされたりひねくれたりしていては状況は好転しないというのがようやくいい歳をしてわかってきました。

目の前の出来事に一喜一憂していてはなかなかにシンドイ。いい心持をキープするには、いい時には調子に乗らず悪い時にはクサらずに淡々とこなしていくことです。何がいいことに繋がり、何が悪いことに繋がるのかは運しだい。ですから人間に出来ることは愉しくやっていくことじゃないでしょうか。愉しめればおのずと力が入り一生懸命になっていくもの、そんなことがふてくされたりひねくれたりした末に体得した心得のようなものです。

あまり偉そうなことは云えませんが、のんびり無理なく一生懸命にやりましょう。そう、陽ざしが気持ちよさそうなこいつらのように。
3

日常]2017年4月28日

催事を終えて

春も本番、あいにくと今日は曇りがちなお天気ですが、晴れた日には爽やかで気持ちのいい季節になりました。先日までの4月15日、16日の催事「目白コレクション2017春」には大変多くのお客様にご来場いただきましてまことにありがとうございました。多くの骨董古美術の催事があるなか、とてもコアなファンがついて下さっているようでわざわざ遠くから上京された方もおられました。私自身もいろんなお客様とお話が出来て、愉しく商いをさせて頂きました。

この古美術業界も不景気だとか、いろんなことで元気のなかった時期が長いことありました。もちろんまったく変わらない人たちも多くいらっしゃるのは事実ではありますが・・。また中国人のバイヤーが日本での催事に台頭して、業者もみな中国人ばかりに目が向いているというようなこともありました。

このこと自体は悪いことではありませんが、日本の美術をないがしろにしていてはますますファンが離れていってしまう状況を招きます。やはり地道に新しいファンが増えるような活動を我々がしていかなくてはいけない。それには全くご存知なかった方にもアピールするような魅力のある企画展や展覧会、それらも含めたトータルな広報活動をすることが重要なのだと思います。

そしてこの目白コレクションでは、自信を持ってお勧めしたいと思うお品をご覧頂いて、素直に感動してお買い上げ頂くお客様に多く出会えました。自分の商売として成り立つことはもちろんありがたいことではありますが、それ以上に愉しいお品の感動を共有できたということが何よりもうれしいことでありました。

自分の好きなものをいいですよ~とお勧めするしか自分にはやはり出来ませんので、これからも地道に細く長くコツコツとこの商売を続けていこうと思います。人間は変化していく生き物ですから、今までまったく触らなかったものが好きになるかもしれません。そんな変化もまた自分の愉しみ、今年は初めての催事に出たこともあり、いろんなことに挑戦していこうと思っております。

6月には新潮社主催の「青花の会 骨董祭 2017」に出店いたします。こちらも初めて参加するイベントで今からどんな会になるのかドキドキしております。これからまたあちこちと歩き回って愉しいものを探してこようと思いますのでどうぞご期待ください。

青花の会の詳細はこちらのページからどうぞご覧ください。→http://www.kogei-seika.jp/seikafes/2017.html

展覧会]2017年4月18日

次のページ