雑記

催事を終えて

春も本番、あいにくと今日は曇りがちなお天気ですが、晴れた日には爽やかで気持ちのいい季節になりました。先日までの4月15日、16日の催事「目白コレクション2017春」には大変多くのお客様にご来場いただきましてまことにありがとうございました。多くの骨董古美術の催事があるなか、とてもコアなファンがついて下さっているようでわざわざ遠くから上京された方もおられました。私自身もいろんなお客様とお話が出来て、愉しく商いをさせて頂きました。

この古美術業界も不景気だとか、いろんなことで元気のなかった時期が長いことありました。もちろんまったく変わらない人たちも多くいらっしゃるのは事実ではありますが・・。また中国人のバイヤーが日本での催事に台頭して、業者もみな中国人ばかりに目が向いているというようなこともありました。

このこと自体は悪いことではありませんが、日本の美術をないがしろにしていてはますますファンが離れていってしまう状況を招きます。やはり地道に新しいファンが増えるような活動を我々がしていかなくてはいけない。それには全くご存知なかった方にもアピールするような魅力のある企画展や展覧会、それらも含めたトータルな広報活動をすることが重要なのだと思います。

そしてこの目白コレクションでは、自信を持ってお勧めしたいと思うお品をご覧頂いて、素直に感動してお買い上げ頂くお客様に多く出会えました。自分の商売として成り立つことはもちろんありがたいことではありますが、それ以上に愉しいお品の感動を共有できたということが何よりもうれしいことでありました。

自分の好きなものをいいですよ~とお勧めするしか自分にはやはり出来ませんので、これからも地道に細く長くコツコツとこの商売を続けていこうと思います。人間は変化していく生き物ですから、今までまったく触らなかったものが好きになるかもしれません。そんな変化もまた自分の愉しみ、今年は初めての催事に出たこともあり、いろんなことに挑戦していこうと思っております。

6月には新潮社主催の「青花の会 骨董祭 2017」に出店いたします。こちらも初めて参加するイベントで今からどんな会になるのかドキドキしております。これからまたあちこちと歩き回って愉しいものを探してこようと思いますのでどうぞご期待ください。

青花の会の詳細はこちらのページからどうぞご覧ください。→http://www.kogei-seika.jp/seikafes/2017.html

展覧会]2017年4月18日

目白コレクションに出店します

桜の満開の季節ですが、今日は残念ながら花散らしの雨、肌寒く体調を壊しやすい季節ですね。かく云う私もここのところ風邪気味で一昨日辺りは鼻が詰まってずいぶんとしんどい思いをしました。かかりつけのお医者さんで鼻炎と風邪の薬をもらってやっと落ち着いてきたかなという感じです。皆さんもくれぐれもご注意を!

さて今月4月15日(土)~16日(日)に目白デサントビルB1F椿ホールにて開催される「目白コレクション2017春」に出店させて頂くことになりました。もうすっかりと定着した感のある年2回のイベントですが、弊店も初めて出店することになりました。出店者の皆さんは私もよく見知っている人たちばかりで今さらと云われるんですが、今年は例年と違ったお仕事にもチャレンジしていこうということでそうなりました。

特にテーマを設けているわけではないのですが、漆のものがいくつか手許にありますので、画像だけでは伝わりにくいそれらの質感や風情を直接触れて感じて欲しいと思っております。根来の薬器、蒔絵の硯箱、秀衡椀などをお見せしたいと思っております。すでにSNSでご紹介もしておりますが、また改めてこちらでも簡単なご紹介画像を載せておきたいと思います。
2
秀衡椀 口径11.5~12.0センチ

1
根来 薬器 胴径10.4センチ

32
蒔絵秋草文硯箱 縦22.5センチ 横20.8センチ

更に普通は華奢な印象の御本茶碗にもこんな豪胆な作風もあるという好例じゃないでしょうか、こんなものも。
1
そして高台アップ
4
朝鮮 御本茶碗 口径16.0センチ

催事と云えば限られた制約のなかでどれだけきれいにモノを見せられるかに尽きますが、そんな時に壁面をきれいに飾る絵も欲しいなとこんなところも持って行きます。
IMG_3334
菅井 汲 リトグラフ 鬼(赤) 1985年
IMG_3325
池田満寿夫 エッチング 小さな女たち 1961年

可愛い動物たちもお待ちしております。

3
木彫 狛犬 高さ23.4センチ

12
古九谷 竹虎文 皿 口径22.2センチ

とまあこんな風にいろいろとお見せしようと思っております。もちろんここに全部載せきれるわけもなく、現場ではもっといろんなものがご覧になって頂けるかと思いますのでどうぞお時間がありましたら、いえぜひともお時間を作って頂いて覗いてみてください。

イベントの詳細はこちらからどうぞご覧ください。→http://www.mejirocollection.com/

初めての催事というのは何年やってきても緊張と不安と期待感が綯交ぜになってドキドキするものですが、とことんお客様と一緒に愉しい時間を過ごさせて頂こうと思っております。

終わった後?そりゃもちろんこれでしょ!
4

展覧会]2017年4月11日

春に始める園芸

東京の桜はぼちぼちと満開の頃を迎えそうです。寒い日に逆戻りなどありつつも、昨日辺りからはとても暖かな春の日差しがありがたい。今日は国分寺公園を散歩してきましたが、しばらくは楽しめそうな塩梅で週末はきっとお弁当片手の家族連れやカップルでにぎわうでしょうね。

さて最近ハマっているのはハーブの栽培(決して違法な麻じゃありませんよ!)この家に越してきた当初、荒れ放題だった庭に手を入れてなんとか見られるようにしたのは以前にも書きました。その時に大分スペースが空いていたのですが、日々の忙しさにかまけて何にもしてこなかったんですね。しかしご同業の先輩に「レモンいいよ~」とお勧め頂いたのをきっかけに植えてみようかなと思った次第。

よく考えればしょっちゅうレモンは料理に使っているので、庭で調達できればいいな~と。そしてバジルなどもよく買っているので、これも同時にやっちまえ!ということでプランターや植木鉢、園芸用の土や水はけのいいように鉢底石、おまけに肥料としての油粕や、地植えするところは酸性土壌を中和する苦土石灰まで、ぎっしり買い込んで早速取り掛かります。

シートを広げ土をぶちまけ、そこに水はけをよくする赤玉土を混ぜて植木鉢とプランターに。レモンの苗木をしずしずと大き目の植木鉢に鎮座させます。プランターにはバジルと、普段はあまり使わないのですが挑戦してみたいイタリアンパセリを。ローズマリーも買ってきたのですがこれは地植えにしようと思い、その部分には苦土石灰を蒔いた後に肥料を入れて土作り。でもいろんな情報を検索すると多湿を嫌うらしく(地中海気候の植物ですからね)日本の梅雨には弱いかもしれません。追加で植木鉢を買って鉢植えにした方が無難かもしれませんのでちょっと保留中。

材料を買って来た時についつい衝動買いしてしまった夏椿の苗木なんかも植えてやって、さてさてこれから先どうなることやら。

IMG_3341
IMG_3340IMG_3339

日常]2017年4月7日

次のページ