雑記

災害に想う

またまたご無沙汰してしまいごめんなさい・・。大きな会の仕事が終わり、のんびりしていたところへあの台風21号の被害のニュースが、まだ7月の台風被害の傷痕も癒えないというのに、今度は京阪神地区に被害が発生してしまいました。そこにまた追い打ちをかけるように今度は6日未明の北海道の地震と、一昨年の熊本の地震、昨年の北部九州の雨、ちょっと書ききれないくらいの天変地異が立て続けに起こっています。

これを温暖化の影響と云っているだけでは解決しない、やはりなにかしらの対策を講じなければ本当に毎年酷いことが頻繁に起こる国ということになってしまいます。まず今は被害をうけた方々に手厚い救護の手が差し伸べられるようにお願いをしたいと思います。

このところいつも思うのですが、天災についてはある程度どうにも仕方ないところはあるでしょうけれど、もう毎年酷い被害が出る可能性が高いことはわかっているのだから、非力な地方の市や町だけに対応をさせておくのはもうやめるべきで、激甚災害については国の対応が必要と思うのですが、あまり有効な初動対応というのが見られないように思います。

全てを把握しているわけではありませんので、こんなことは既にやっているよということがあるのかもしれませんが、なんとも歯がゆい想いばかりつのります。

関西空港の孤立状態にしても、さっさと自衛隊を出動させて救援すればいいのにと思うのですが、民間のちょっとしか乗れない高速船のみの対応なんてあまりに気の毒すぎると感じました。もちろん現場のスタッフの方は不眠不休で頑張って対応されていると思いますので、その人たちに対しての異論ではないのですが、もっと大きな行政の長がなんとかしなけりゃイカンのじゃないでしょうか。

むかし、(といっても今でもあるのかもしれませんが、)あまりに何もしないし、やっても時間がかかり過ぎるという批判を受けて市役所に「すぐやる課」という部署が作られたことがありました。少ない予算のやりくりでそんな人員を割けないなんて意見もありましょうが、目の前に困っている人がいて、そこを助ける人は何が何でも絶対に必要なのだと思いますがね。それを無駄とは思えませんが・・。

地震や台風などの自然災害にも対応するすぐやる課があったらいいのに・・、そんな風に思うのは私だけじゃないと思うのですが如何?

ニュース]2018年9月6日

暑中お見舞い申し上げます。そして骨董ジャンボリーに出店します。

暑中お見舞い申し上げます。全国的に猛暑の日々が続いて熱中症で病院に搬送された方もかなりおられて大変なことになっていますね。もうこうなってはエアコンの力を借りるしかなくなってきましたね。そうは云っても屋外でのお仕事や外回りの営業さんはなかなか難しいでしょうから、せめて頻繁に水分と共にミネラルや塩分を摂取して防止に努めて頂きたいと思います。私はもっぱら麦茶や、家にいる時は天然塩のお店で買ったにがりを水に混ぜて飲んでおります。

さて8月は恒例の有明ビッグサイトの骨董ジャンボリーに出店致します。会期は8月の3日(金)~5日(日)10時~17時です。詳細はこちらから→http://kottoh-jamboree.com/

暑い中で、駅から歩かなきゃいけないイベントにお誘いするのは恐縮ですが、建物に入ってしまえば涼しくご覧いただけるので、どうぞ皆さまお誘いあわせの上ご来場ください。チケット代は1,000円(前売り800円)なお最終日の13時からは入場無料になります。

これが終わると実質夏休み状態ですかね。いい夏休みを取るためのその前にひと頑張りしたいと思います。

展覧会]2018年7月24日

西日本豪雨災害 慎んでお見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続いております。先日の九州や四国、中国地方などを襲った豪雨災害、最初は一部地域の浸水被害くらいで(少ないとは云え浸水被害を被った方々には大変なことでありましたが・・)大したことはないのかなと考えておりました。時間が経過するにつれてお亡くなりになった方々の数が増え、お家が流されたり避難を強いられたりと酷いことになってきてしまいました。本当にお気の毒なことで、慎んでお見舞い申し上げます。またお亡くなりになられた方々に対し心より哀悼の意を捧げます。また被災された方々におかれては一日でも早くもとの平穏な生活に戻ることができるようお祈り申し上げます。

去年も広島では土砂崩れによる死者が出た地域があり、自然災害の前では人間などほとんど無力、恐ろしいほど何も出来ない状態でした。そして出来得ることは早めに避難することくらいですね。まだまだこれから台風なども多くやってきますので、どうぞ軽く考えず身を守る行動を起こして頂きたいと自分も含めそう思います。

もはやむかしの穏やかな天候であったときと状況が違ってきていると認識すべきなのかもしれません。連日の高温、熱中症の増加(むかしからあったけれどデータに反映されるようになったのが近年から故という意見もありましょうが・・)、
便利、快適を追求してきた人間の業に対する自然の復讐のようにも感じられて空恐ろしいように思います。

今求められているのは慎みでありましょうか。消費し続けることの限界のようなものを強く感じている今日この頃、自分に出来ることは何事も慎みをもった生活なのかなと考えております。

とは云え自粛ばかりではいけないように思いますのでどうぞ皆さんも岡山、広島を中心に応援できること、具体的に彼の地にお金が落ちるような消費行動が今は必要に思います。

頑張りましょう!頑張り過ぎずにね!

ニュース]2018年7月13日

次のページ