雑記

寒中お見舞い申し上げます

早いもので平成30年もひと月が過ぎて今日は2月4日の日曜日。昨夜は節分で豆まきしてから恵方巻をたらふく召し上がったご家庭も多いことでしょう。若い友人のお家はお子さんを含めて鬼の面を手作りしているそうで、その怖くない、どちらかと云えば楽しそうな面を被って大いに盛り上がるらしいです。いろいろと年中行事への考え方はあるでしょうが、こういう楽しいもの、子供のいい思い出になるようなことはずっと絶やさずしていって
貰いたいものです。

さて巷では大いにインフルエンザが流行しているらしく、件のお子さんを持つ友人宅は順番に罹患するらしいです。私の子供のころは集団接種がよくあって、今から考えると一律にワクチンを打つというのは少々乱暴な話しであるわけですが(注射針の使いまわしもありましたから、よく考えると恐ろしいですがね)、大流行も防げていたのかもしれませんね。

家は子供がおりませんのであまり真剣にインフルエンザのことも考えませんでしたが、去年の冬の初めに予防注射を知り合いのドクターに打って頂いたおかげもあって特に何にも変化がありません。毎日通勤するお仕事ではないので、ちょっと調子が悪いなという時はすぐ休めるという利点がありますしね。調子悪くとも満員電車に揺られて出勤しなけりゃいけない方は大変です。

でもむかしはいざしらず、昨今は自分の身体は自分で守るしかなく、風邪でも休めないと頑張り過ぎるのも却って周りにも迷惑をかけることになってしまうというのがありますね。

いろいろと環境はハードではありましょうが、なんとかうまく御身ご大切にしてください。特に今罹患してしまっているという方は早めに回復するようお祈り申し上げます。

私は基本中の基本、うがいと手洗いはしっかりと励行しておりますよ。

立春といえどまだまだ寒い日々が続きます。

寒中お見舞い申し上げます。

日常]2018年2月4日

あけましておめでとうございます。そして骨董ジャンボリーに出店します

平成30年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。寒の入りを迎えて厳しい寒さが続きますが、どうぞくれぐれもお身体ご自愛ください。

さて世間の皆さまと同じく、私たち骨董屋稼業もほぼほぼ冬休み状態、私の場合は実家へ帰りつきたての餅をもらって帰ってきて、それらを貪りながらのんびりダラダラとした寝正月を過ごしております。実家と云っても車で小一時間ほどの距離、家内の実家も関東ですからあまり帰省の苦労もなくスムーズに行って帰って来られます。帰省Uターンラッシュなどにハマった方はお気の毒さまでした。なんと云っても数十キロの渋滞に巻き込まれてしまうとクタクタになりますからねぇ。お子さんを連れて帰るご両親のご苦労、ホント頭が下がります。

さて年明けの最初の仕事はこまごまとしたものを除けばやはり催事出店になるでしょうか。今年も1月12日~14日、有明ビッグサイトの骨董ジャンボリーに出店致します。すでにおなじみの方も多いとは思いますが、最近知ったとおっしゃる方もおられますのでぜひ詳細はこちらのページでご覧頂ければと思います。→http://kottoh-jamboree.com/

寒さが厳しい季節で、駅からも風が吹いていることが多いちょっと寒い場所ですが屋内催事ですので、一度中に入ってしまえば温かくゆっくりとご覧頂けると思います。どうぞお誘いあわせの上お越し下さればと思います。

「一年の計は元旦にあり」と云いますが私の一年の目標はここのところずっと同じ。つまりは健康で一生懸命商売に励む、そのことが出来たなら何事も後からついてくるということだけ。無理せずサボらずこつこつとまた一年頑張っていこうと思います。

このホームページも、もっともっと多くの方がご来場頂けるようなものにしていきたいと思っております。それには愉しきお品をご紹介し続けるのが一番でしょうね。ということはまた今年も東奔西走、右往左往、七転八倒、無我夢中、であちこちに出没して光るものを探す一年ということですね。

頑張ります!

ごあいさつ]2018年1月5日

今年も師走に突入しました。

あ~忙し忙し!、と関西的ノリであいさつするこの季節、皆さんは如何お過ごしでしょうか?平成29年もいよいよ師走の最終月に突入しましたね。年齢を重ねるごとに早さが身に染みるようなのは共通する想いでありましょうが、(お若い方にはない感覚かもしれませんね)やはり今年も
あっという間に過ぎていってしまいました。

来年の具体的な目標を立ててそれに向かって仕事をしていかないと、またあっという間に一年が過ぎていってしまうのはわかっています。でもぐずぐずいつもしてきた怠惰な自分はなかなか重い腰を上げないで今まできました。ですが50代の坂を越して終わりどきを意識した仕事をしていかないとまたまた惰性で過ぎていってしまう危機感も出てきています。

この業界は70代、80代でもバリバリ現役の先輩方たくさんおられますので、私なども今まで駆け出しの若僧の気分でいられたのですが、世間一般の常識では50代と云えば定年を見据えなければいけない年齢、ですから駆け回る仕事は同じでも、そこにどこかしら次の世代に繋げるような意識を持っていなければいけないようになっているのかなと思っています。

具体的な目標としては、後々残って皆さんの噂話にも上るような企画展を行うことかなと思っています。テーマを決めてその品物を集めるというのはもしかしたら一年では難しいかもしれませんが、少なくとも企画を考えておかなければ、日々のルーティンに流されるだけの怠惰な一年に堕してしまいます。

ということで来年は古童の企画展というアイデアに目鼻を付けて、それに向かって邁進する一年にしたいなと考えております。色んな意味でとても困難な道のりではありますが、こんな面白いやつがいたんだよ!と云って頂けるような、そんな面白い企画を考えております。

と書いてしまえば考えざるをえないところへ追い込まれる、という尻に火をあえてつけるようなことで奮い立たせております。どうぞご期待ください!(ホントにこんなこと書いて大丈夫か~と云ってるもうひとりの私がおりますが・・)

日常]2017年12月4日

次のページ