雑記

寒中お見舞い申し上げます

早いもので平成30年もひと月が過ぎて今日は2月4日の日曜日。昨夜は節分で豆まきしてから恵方巻をたらふく召し上がったご家庭も多いことでしょう。若い友人のお家はお子さんを含めて鬼の面を手作りしているそうで、その怖くない、どちらかと云えば楽しそうな面を被って大いに盛り上がるらしいです。いろいろと年中行事への考え方はあるでしょうが、こういう楽しいもの、子供のいい思い出になるようなことはずっと絶やさずしていって
貰いたいものです。

さて巷では大いにインフルエンザが流行しているらしく、件のお子さんを持つ友人宅は順番に罹患するらしいです。私の子供のころは集団接種がよくあって、今から考えると一律にワクチンを打つというのは少々乱暴な話しであるわけですが(注射針の使いまわしもありましたから、よく考えると恐ろしいですがね)、大流行も防げていたのかもしれませんね。

家は子供がおりませんのであまり真剣にインフルエンザのことも考えませんでしたが、去年の冬の初めに予防注射を知り合いのドクターに打って頂いたおかげもあって特に何にも変化がありません。毎日通勤するお仕事ではないので、ちょっと調子が悪いなという時はすぐ休めるという利点がありますしね。調子悪くとも満員電車に揺られて出勤しなけりゃいけない方は大変です。

でもむかしはいざしらず、昨今は自分の身体は自分で守るしかなく、風邪でも休めないと頑張り過ぎるのも却って周りにも迷惑をかけることになってしまうというのがありますね。

いろいろと環境はハードではありましょうが、なんとかうまく御身ご大切にしてください。特に今罹患してしまっているという方は早めに回復するようお祈り申し上げます。

私は基本中の基本、うがいと手洗いはしっかりと励行しておりますよ。

立春といえどまだまだ寒い日々が続きます。

寒中お見舞い申し上げます。

日常]2018年2月4日

今年も師走に突入しました。

あ~忙し忙し!、と関西的ノリであいさつするこの季節、皆さんは如何お過ごしでしょうか?平成29年もいよいよ師走の最終月に突入しましたね。年齢を重ねるごとに早さが身に染みるようなのは共通する想いでありましょうが、(お若い方にはない感覚かもしれませんね)やはり今年も
あっという間に過ぎていってしまいました。

来年の具体的な目標を立ててそれに向かって仕事をしていかないと、またあっという間に一年が過ぎていってしまうのはわかっています。でもぐずぐずいつもしてきた怠惰な自分はなかなか重い腰を上げないで今まできました。ですが50代の坂を越して終わりどきを意識した仕事をしていかないとまたまた惰性で過ぎていってしまう危機感も出てきています。

この業界は70代、80代でもバリバリ現役の先輩方たくさんおられますので、私なども今まで駆け出しの若僧の気分でいられたのですが、世間一般の常識では50代と云えば定年を見据えなければいけない年齢、ですから駆け回る仕事は同じでも、そこにどこかしら次の世代に繋げるような意識を持っていなければいけないようになっているのかなと思っています。

具体的な目標としては、後々残って皆さんの噂話にも上るような企画展を行うことかなと思っています。テーマを決めてその品物を集めるというのはもしかしたら一年では難しいかもしれませんが、少なくとも企画を考えておかなければ、日々のルーティンに流されるだけの怠惰な一年に堕してしまいます。

ということで来年は古童の企画展というアイデアに目鼻を付けて、それに向かって邁進する一年にしたいなと考えております。色んな意味でとても困難な道のりではありますが、こんな面白いやつがいたんだよ!と云って頂けるような、そんな面白い企画を考えております。

と書いてしまえば考えざるをえないところへ追い込まれる、という尻に火をあえてつけるようなことで奮い立たせております。どうぞご期待ください!(ホントにこんなこと書いて大丈夫か~と云ってるもうひとりの私がおりますが・・)

日常]2017年12月4日

残暑お見舞い申し上げます。

世間様はどなたさんもみなお盆休みの真っ最中かと思います。かく云う私も半強制的に夏休みということになりましょうか。自分自身が頑張っても相手方がみんなお休みモードなわけで、ひとり頑張ってもなかなか難しいので、毎年この季節は自動的に夏休みということになります。

今日あたりは普通の夏日ではありますが、梅雨明けしてからやたら雨が多くて空梅雨と冷夏では農家の方々の収穫への影響が心配されますね。夏は夏らしくきっちりと暑くならないと商売が厳しい、海の家など経営されておられる方など顕著に影響が現れますからね~。私などは夜寝る時にエアコンを利用しなくてすむので涼しくていいな~なんてのんびり思うだけなのですが、極端なのは勘弁してもらいたいのですがやはり夏は暑い方がいいでしょうね。

今年も夏が終われば年末の仕事も頭に入れなければいけない季節、なかなかせわしなく毎年毎年早いものだな~と歳をとる毎に思います。若いころと違ってもう自分に許された時間は長くはないのだから、精いっぱい仕事に打ち込まないといけませんね。と云ってもそれほどたいしたことが出来る訳でもないのです。自分に今できることは、とにかく愉しいと思えるお品を1点でも多く皆さんにご紹介して愉しい時間を過ごす、これだけのこと。

先日お客様がいらしてくださり、やや遅い時間でもあったのでお酒をご一緒させて頂いたのですが、もっと自分の眼に自信を持って面白いモノを頑張って仕入れしてこい!と励ましのお言葉を頂きました。半分はお褒めのお言葉、そして後の半分は檄を飛ばすお言葉と解釈しておりました。現状に満足せず更なる高みを目指すことも大事、それと同時に今ある古童独自の視点にもっと自信を持っていいのだということなのじゃないかと思っています。

お客様にモノを買って頂く商売ではありますが、それ以上に私の眼を買って頂く商売でもありますので、お言葉を励みにもっともっと頑張らないといけないなと襟を正した次第です。という事はつまりは愉しいものを探して愉しい時間を過ごすことになるのでしょう。

相変わらずいろんなところをウロチョロ、あちこち首を突っ込んで面白いモノ、ことを探す旅は今年も、そして来年も、その先もずっと続くのであります。亀の歩みではありますが笑って見守って頂ければ幸いです。

日常]2017年8月13日

次のページ